スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビワマスの遡上

ビワマス(びわ鱒)の動画


(*)ビワマス - Wikipedia
ビワマス琵琶鱒びわ鱒)は、サケ目サケ科に属する淡水魚。日本の琵琶湖にのみ生息する固有種である。産卵期には大雨の日に群れをなして河川を遡上することから、アメノウオ(雨の魚、鯇)ともよばれる。
体側の朱点(パーマーク)は、体長20cm程度で消失し成魚には見られない。成魚の全長は40 - 50cmほどだが、大きいものでは全長70cmを超えることもある。サクラマスと同じくヤマメの亜種であり、DNAの特徴も外観もサクラマスに近いが、サクラマスよりも眼が大きいことと、側線上横列鱗数が21 - 27でやや少ない事で見分けられる。琵琶湖固有種だが、現在では栃木県中禅寺湖、神奈川県芦ノ湖、長野県木崎湖などに移殖されている。また、人工孵化も行われている。
ほとんどが刺し網漁で捕獲される。非常に美味でありサケやサクラマスと同様の調理ができる。刺身、揚げ物、ムニエル、煮付け、塩焼き、燻製など、様々な料理で食べられる。






(*)「ビワマス」(滋賀県)
http://www.pref.shiga.jp/g/suisan/biwakogyogyouwosasaerusakanatachi/biwamasu.html
ビワマスは、サケ科の琵琶湖固有種で、10月下旬~11月下旬にかけて河川で産卵します。ふ化した稚魚は、昆虫などを捕食しながらそこで成長し、6~7月には体長7cmほどになって琵琶湖に下ります。成熟には2~4年かかり、大きいものは60cmを越えます。琵琶湖では、アユ、スジエビなどを食べて大きくなります。
ビワマスは、春から夏にかけて沖合で刺網により漁獲されています。アユなどを食べて脂ののった魚体は、刺身や塩焼きなど格別なおいしさです。
ビワマス漁獲量は、近年ほぼ20~50トンの範囲で安定して推移しています。






(*)「ビワマス 画像」(滋賀県立琵琶湖博物館)
http://www.lbm.go.jp/emuseum/zukan/gyorui/biwamasu.html
河川生活期には体側にパーマークを持ち、朱点の散在することが多いため、アマゴと区別するのが難しい。琵琶湖に降ってしばらくするとこれらの斑紋は消失し、体色は銀白色化する。体長30~60cm。






(*)「滋賀県醒井養鱒場」(滋賀県米原市)
http://samegai.siga.jp/
マス類の増養殖施設








(*)道の駅「湖北みずどりステーション」
http://www.mizudori-st.co.jp/index.php
所在地:滋賀県長浜市湖北町今西1731番地1
(北陸自動車道長浜ICから湖周道路を北へ約20分)
湖北みずどりステーション」は、琵琶湖東北部、琵琶湖岸「さざなみ街道」(通称・湖周道路)沿いで、四季を通してさまざまな野鳥が訪れる水鳥公園内にあります。
道の駅内の「和風レストラン水鳥」では、夏季限定でビワマスを賞味できるそうです。(要確認)
ビワマスにぎり、ビワマス押し寿司、ビワマスお造り

ビワマス(琵琶鱒)刺身料理










<釣り具>
・ロッド・竿
・リール・リールパーツ
・釣り用ケース・ボックス
・ハードルアー
・スピニングリール
・ルアー・フライ
・フィッシングツール
・ルアー用ライン











<ナチュラム>
アウトドア&フィッシングの大型専門店
ビワマス釣り

ナチュラム












<滋賀県長浜市の素敵な宿>














(*)おすすめの観光スポットや観光名所

(*)美味しい食べ物と飲み物













おすすめの観光スポット 掲示板(国内旅行) ビワマス(琵琶鱒)の動画とビワマス料理
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。