スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やなせなな

歌う尼さん やなせなな「街の灯(まちのひ)」




(*)やなせなな プロフィール
本名 :梁瀬奈々
生年月日 :1975年7月17日
出身地 :奈良県
シンガーソングライター
浄土真宗本願寺派僧侶(法名・釈妙華)

(*)やなせなな CD



やなせなな歌詞




(*)いやしの歌で話題の「歌う尼さん」 子宮体がんを克服し、歌い続ける彼女は?
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20110419/1035247/
 彼女の名前はやなせなな。1975年、奈良県生まれ。
 父親の実家である寺院で育ち、23歳のときに僧籍を取得。幼いころから歌が好きで、大学時代にはバンドを組んでいた経験もある。
 転機になったのは、20代中盤のころ。友人の姉が20代で亡くなったことを受け、「どうしようもない深い悲しみを抱いている友人の、その涙に添いたい」と夢中で楽曲を制作した。その経験がきっかけとなり、「歌は、自分が楽しいから歌うものではなくて、誰かのために歌うもの」と気がついた。いつしか、それまで趣味で行っていた音楽活動を「プロ」として行いたいと感じるようになった。
 思いがかなったのは2004年。シングル「帰ろう。」でデビューした。2005年には初アルバム「あいのうた」をリリース。しかし、その直後に体に異変を感じ、2006年1月に「子宮体がん」の宣告を受けてしまう。
 「命の危険を感じるには、あまりに突然過ぎて実感が薄く、ただ子宮を失うことが怖いと、ぼんやり感じました。また、術後1~2年間ほどは、薬の副作用や後遺症で、とても苦しい思いをしました。体がつらいと、心も落ち込みます。何も手につかなくなったり、泣いたり。そういったことを繰り返していました」(本人談)。
 さらに、所属事務所が閉鎖となる不幸も重なり、一時は、「音楽活動を止めたい」とも考えた。しかし、友人のミュージシャンからのしった激励もあって、音楽活動を再開。当時は知名度も高くなく何度もくじけそうになったが、寺院でのコンサートなどの評判がじわじわと広がり、「歌を聴いていやされた」という声も多く届くようになった。
 がんを克服する以前から、手がける楽曲は人々の孤独に寄り添い、生と死を題材にしていた。闘病を機に作風が変わったわけではない。しかし、「がんがまったく影響を与えていないとは、やはり言えません」という。「いつか必ず消えてしまう命だからこそ、今を慈しむことができる。一人ぼっちだからこそ、一人ぼっちじゃない、という感覚はがんになってより明確になりました」(本人談)。
 彼女にとって歌とは、「ちっぽけで情けないわたし本人の代わりに、誰かのために働いてくれる、出来の良い子どものようなもの」。自分自身は非力だが、歌でなら「誰かの苦しみに寄り添って、いっしょに泣いてあげることもできる。心の背中をさすってあげることもできる」と信じている。
 今後の抱負を聞くと、「こつこつ地道に、一人でも多くの人のかなしみや痛みに寄り添う歌を送りたい、という夢を抱き続けています」と答えてくれた。数々の困難に見舞われながらも、デビュー当時と同じ信念で活動し続ける彼女の歌声に、今後も多くの人がいやされ、勇気をもらうことだろう。

やなせなな

やなせなな「歌う。尼さん」(詳細クリック!)
奈良のちいさなお寺で生まれ、おばあちゃん子として育った、なな。
小学校時代のいじめ、名門高校での落ちこぼれ、大学時代でのバンド活動と僧籍の取得、音楽事務所に断られること100回、そして、30才での子宮体がんの克服。
 波瀾万丈の人生を生きる中で、見つけた「歌う尼さん」というシンプルなスタイル。出会った人からもらったあたたかい気持ちやいのちの輝きを、歌詞に込めて歌う尼さんシンガーのすべてがこの1冊に。











<川沿いの露天風呂の宿>




<夜景が見える露天風呂の宿>





























好きな音楽の視聴、歌詞検索、音楽ランキング、人気アーティストの情報掲示板 好きな音楽の掲示板 やなせなな(浄土真宗本願寺派僧侶&シンガーソングライター)癒しの歌の掲示板 やなせなな 歌詞
スポンサーサイト

テーマ : 邦楽 - ジャンル : 音楽

米良美一「ヨイトマケの唄」

米良美一「ヨイトマケの唄」


米良美一「ヨイトマケの唄」(詳細クリック!)

<コメント集>

・素晴らしい。不覚にも泣いてしまった。本当に大切な物を忘れていた様な気がする。

米良美一さんの魂の歌声すごいなぁ

・シンプルなピアノの演奏だけで、これだけ力強く、やさしく、悲し­く、温かく表現できるのは、きっと米良美一さんだけですね。


米良美一 名曲集 Vol.1 ヨイトマケの唄










おすすめの本や感動した本







テーマ : 邦楽 - ジャンル : 音楽

ステレオポニー ありがとう

<ステレオポニー「ありがとう」>



ステレオポニー「ありがとう」 (詳細クリック!)



(*)阿部寛、ステレオポニーのナマ歌に感激
http://www.daily.co.jp/newsflash/2011/09/26/0004503757.shtml
 俳優・阿部寛が2011年9月26日、大阪市内で行われた主演映画「天国からのエール」(10月1日公開)の舞台あいさつに登場した。
 自身の余命を知りながらも若者にエールを送った仲宗根陽さんをモデルにした感動作。仲宗根さんの下で音楽に打ち込み、主題歌「ありがとう」を手がけたロックバンド・ステレオポニーのボーカル・AIMIは、目に涙を浮かべながらナマ歌を披露。仲宗根さんを演じた阿部は「(生演奏で)初めて聞かせてもらった。歌に気持ちが入っている。自分も感情的になってしまいました」と感激していた。



映画「天国からのエール」
http://www.yell-movie.com/
沖縄で小さな弁当屋を営む仲宗根陽(なかそねひかる)さんの物語が、2011年(平成23年)10月1日(土)よりロードショーです。
キャストは、阿部寛、ミムラ、桜庭ななみ、矢野聖人、森崎ウィン、野村周平、ほか。
主題歌は、ステレオポニー「ありがとう」


<天国からのエール あらすじ>
沖縄の田舎町・本部町で小さな弁当屋「あじさい弁当」を営む大城陽(阿部寛)は、弁当を買いに来る高校生たちが放課後にバンドの練習をする場所がないことを知り、弁当屋のガレージをスタジオにすることに。陽には、音楽が好きな彼らを支えてやりたいと思うある理由があった。借金までして手作りしたスタジオを無料で解放し、ことあるごとに本気で自分たちを叱ってくれる陽を、高校生たちはいつしか“ニイニイ”と呼んで慕うようになる。彼らは音楽以上に生きていくうえで大切なことを陽から学びながら、フェスティバルに向けて練習に熱中する。だが、そんなある日、陽が病に倒れてしまう。。。



(*)『天国からのエール』特集:撮影の裏側
http://www.hollywood-ch.com/special/11092001.html








(*)『天国からのエール』主演の阿部寛が3日で7kg減量の超絶役作り
http://news.walkerplus.com/2011/0925/3/
美ら海水族館で有名な沖縄県本部町を舞台に、高校生の夢を応援するため、無料の音楽スタジオ作りに奔走した男と、プロのミュージシャンを目指す若者たちとの触れ合いを描いた感動作『天国からのエール』(10月1日公開)。本作で主演を務めた阿部寛の、徹底した役作りがとにかくすごいのだ。
2006年にNHKでドキュメンタリーとして放送され、2010年にはノンフィクション「僕らの歌は弁当屋で生まれた・YELL」として書籍も発行されるなど、大反響を呼んだ実話を映画化した本作。阿部が演じるのは、自らの私財を投じて無料の音楽スタジオを設立する弁当屋の店主で、実際にスタジオ「あじさい音楽村」を作り上げたが、病により2009年、42歳の若さで亡くなった仲宗根陽氏がモデルとなっている。
実在の人物を演じるにあたり、阿部寛は大胆な役作りに挑戦した。周囲の人々に生前の仲宗根氏の話を聞き込み、料理や沖縄方言の練習はもちろんのこと、本人が通っていた理容室でパーマをあて、さらには本人の形見である衣装を借りるなど、壮絶な没入ぶりを披露している。そして最も印象的なのが臨終間際のシーンで、なんと3日で7kgの減量を行ったという。げっそりとやせこけながらも、生気に満ちた眼差しで若者たちを優しく見つめるその様に、撮影現場に立ち会った地元の関係者たちは「ニイニイ(仲宗根氏)が帰ってきた!」と涙ぐんだという。












白い春 [DVD] 出演: 阿部寛, 大橋のぞみ, 吉高由里子, 遠藤雄弥, 白石美帆


結婚できない男 [DVD] 出演: 阿部寛, 夏川結衣, 国仲涼子, 塚本高史, 草笛光子


ミスマガジン 2008 桜庭ななみ [DVD]













<沖縄の素敵なホテルに泊まってみたい>




<沖縄に行きたい人へ>













注目の話題
http://googletopic.dtiblog.com/










(*)素敵な情報 画像 掲示板 BBS 全国各地のイベント 注目の話題 今週の予定 面白い話題 今週の予定 注目の話題 注目の記事
http://eventinfo.dtiblog.com/blog-category-3.html


ステレオポニー ありがとう

テーマ : お気に入りアーティスト - ジャンル : 音楽

城南海 アイツムギ

城南海 きずきみなみ

城南海 アイツムギ

(*) 城南海(きずきみなみ)プロフィール
生年月日 :1989年12月26日
出身地 :鹿児島県奄美大島
血液型 :A型

------------------------------
正しい表記:城南海,きずきみなみ
間違い表記:築南海,きづきみなみ
------------------------------

城南海アイツムギ



(*) 城南海 オフィシャルサイト
http://kizukiminami.com/

(*) 城南海ブログ
http://blog.oricon.co.jp/kizukiminami/

(*) 城南海 画像 インタビュー「自分にとって大切なものを思い出してくれるとうれしい」
http://www.music-ups.jp/ac/member/pickup/17.php

(*) 城南海 インタビュー「人の想いを歌で伝えていくことが、私の役目です。」
http://www.bea-net.com/m/interview/6.html

(*) 城南海の音楽(島唄)









あなたの好きな女性アーティストは誰ですか?










城南海 きずきみなみ 城南海 アイツムギ 奄美大島 ラブソング 城南海 画像 動画 壁紙 城南海 掲示板 城南海 BBS アイツムギ 歌詞 城南海 DVD CD コンサート チケット ポスター カレンダー ライブ テレビ番組 歌番組 プロフィール 城南海 あいつむぎ 城南海 愛つむぎ

(*) 全国のイベント情報 画像 動画 掲示板 BBS 観光スポット 新商品 映画 東京 横浜 千葉 大阪 京都 神戸 福岡 札幌 仙台 名古屋 広島


テーマ : 歌手 - ジャンル : アイドル・芸能

オフコース 小田和正


オフコース - 生まれ来る子供たちのために














復活してほしいバンドグループは?












全国のイベント情報 画像 動画 掲示板 BBS
http://lovelyinfo.blog24.fc2.com/

気になる出来事 掲示板 BBS スケジュール 情報 画像 動画 壁紙
http://weeklyinfo.seesaa.net/
オフコース,OFF COURSE,小田和正,おだかずまさ,鈴木康博,清水仁,大間ジロー,松尾一彦,メンバー,秋の気配,さよなら,生まれ来る子供たちのために,僕等の時代,ワインの匂い,復活してほしいバンド,美しいメロディー,画像,動画,壁紙,掲示板,BBS,歌詞,DVD,CD,コンサート,チケット,ポスター,カレンダー,ライブ,テレビ番組,歌番組,プロフィール



癒しの動画 オフコース 小田和正

テーマ : お気に入りアーティスト - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。